もう後がない

お久しぶりです~。

PSO2休止からはや1か月半ですねー。
1日も早く復帰したい衝動を抑えるのに苦労している毎日です。

でも以前書いたように、しばらくはゲームをがっつりプレイする事はなさそう。
社会人になって1年が経ちますが、こう『大人な社会人の人たち』と日々接しているうちに、
自分の将来についての不安が大きくなってきちゃったんだ^^;

自分はプログラマーという仕事をやってるんだけど、
ネット上ではプログラマーの『35歳定年説』なんて言葉をよく見かけます。
35歳で定年なんてスポーツ選手でもなければありえない話なのですが、
『プログラマーとして食っていけるのは30代前半まで。それ以上はもっと上を目指さないと割に合わない』
という意味らしい。

うちの会社に限った話なのか業界共通の話なのかわかりませんが、
30歳前半で会社を辞めていく人がすごく多いんです。
はじめは『残業も多いしストレス貯まるし大変だからな~』くらいにしか考えてなかったけど、
1年経った今では、ちょっと見方が変わってきました。

自分はまだ若いので(社会人的な意味で)、それほど期待もされてないため、
そこそこ頑張ってればそこそこ褒められて、そこそこ順調に評価されていきますが、
30歳を過ぎれば周りの見る目も変わり、求められるレベルも高まるんだと思います。
で、本人の目指してる事と会社の求める事がかけ離れてきて『こんなはずじゃなかった』⇒辞める

このパターンが多いんじゃないかと(勝手に)想像してます。
もちろん、『俺は仕事ができるからもっと上の会社に転職するぜ』っていう人も多いだろうけど、
どちらにしても確かなことは、30歳で周りの目がガラッと変わるという事ですね~。

20代のうちは『まだ若いから・・・』という目で見てくれてます。
その間にどれだけ他の人に差をつけられるか。
自分だけにしかできない武器を身につけられるか。
それ次第で今後の人生が大きく変わる・・・という事は容易に想像できます。

自分はどちらかというと、というかかなり自己中心的なところがあって、
『できれば自分の生き方は自分で決めたい。他人や会社の意向に流されたくない』
という願望があります。

でも現代社会においてそれは難しい・・・
自分のワガママを押し通すための力がないととても無理。
だから力が欲しいです。そして残念な事に、今までゲームで得てきたものは力にならない(笑

大学受験で失敗したときは、『大学で頑張れば何とかなるだろう』で済みました。
就職で失敗したときも、『まだ若いから何とかなるだろう』で済みました。

今度は後がありません。
30過ぎになって『やっぱりあの時頑張ってれば・・・』と嘆いても、もう全てが手遅れ。
そんな後悔はしないように、1日1日を大切にしていきたいです。
スポンサーサイト

さらば人生の友よ

突然ですが、1年くらいゲーム活動を休止しようと思います。

タイトル詐欺になりますがブログは続けていこうと思います。

PSO2やゲーム関連でこのブログを見てくださっている方々には(ほぼ居ないと思いますが)
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

以上業務報告でした。

more...

絶対に自分を見捨てない

って相変わらず恥ずかしいタイトルだなw
たまに近況報告も兼ねてリアルのお話も書いていくつもりなんだけど、
もれなくネガティブな話になりそうorz
でも、そんな失敗だらけの日常が楽しくなってたりします・・ってPSOのマゾ体質が移ったかも。。








仕事でとんでもないミスをやらかしてしまった。
新しく入ってから2ヶ月ちょっと。今まではどうにか大きなミスもなく過ごしてこれた。
いや、ミスらないように逃げてきただけなのかも。それが今回で一気に噴出した感じだ。
ともかく、絶対にこれだけはやらないと決めていてミスを、やらかした。

その後もミスの連続だった。
こっちはほんとうに稚拙な、小学生でもしない類のくだらないもので、
明らかに、焦りが原因のものだった。

当然ながら上司からは厳しく注意された。
いや、むしろ呆れていたような気さえする。
周りの人はどう思っていただろう。笑われてたか、うんざりしてたのか。

自分はといえば、その時はそれほど大きなショックはなかった。
やけに落ち着いていた。怒られることには慣れているせいなのか。
でも、退勤後はさすがに惨めな気持ちがこみ上げてきた。

なんでこんなに下らないことで失敗したのだろうか。
こんなことさえできないのか。ダメ人間なのか。
そもそも仕事以外でも、自分のとりえなんて、何一つないんじゃないか。
同年代の人に何一つ自慢できるものがないじゃないか。
そろそろ身を固めたり、夢を叶えたりしてもおかしくない年齢なのに、
何一つ成し遂げられない自分がイヤになってしまった。

こんなとき、落ち込むタイプの人もいれば、何もかもどうでもよくなるタイプの人もいる。
昔の自分は後者で、ひたすら楽しいことをやって辛いことは忘れようとしていた。
そうすればストレスは溜まらないし、一時的に幸せな気持ちになれた。








でも、今はもうやめることにしてます。
自暴自棄になるって、ほんとうに危険なことなんだよね。
やりすぎると、自分でも自分がわからなくなっちゃう。
自らの体験から言うと、そうなった人間ほど惨めなものはない、と思います。

だから、どんなにダメ人間でも自分は自分を見捨てない、と決めました。
そうすると、どこからともなく自信が沸いてきたりするんだよね。
根拠のない自信、でも根っこの部分にどーんと張ってるから、折れない。
折れないから、何回落ち込んでも立ち直れるんだ。

今日だって、あれだけミスして醜態を晒したのに、
退勤するときは堂々と胸を張って帰りました。
「なんか文句あっか?お?」と言わんばかりに・・いやそれは言い過ぎだけどw

ともかく、怒られっぱなしで終わるわけにはいかないので、
明日からまた気分を一新して、仕事に臨みたいと思います~。

でも、仕事中に色々考えるのはもうやめよう・・どーでもいいミスしてあーってなるorz

心まで廃人にはならない(キリッ

久しぶりのちょっと暗~い記事です。




PSO2のやりすぎが響いたのか、昨日から目がやたら充血してます。
でも1日中プレイしたのは土曜くらいだし、他の原因のような気がするなぁ。

おまけに、仕事のほうで木曜日までに終わらせなきゃいけない課題があるのに全然進んでないって言うw
これからはゲーム依存やめるぞ!と決意したはずが、早くも赤信号です。
けじめをつけられない性格なので、うまく両立することができない・・orz
結局、面倒なことから先に片付けていくしかないんだよなぁ。
楽しいことを最後に取っておけば、それだけ早く終わらせよう!っていう気にもなるんだろうし。

しかし、ゲームする時間を減らさなきゃいけないのは本当に辛いなー。
もういい大人なんだから、こんなことリアルで話したら笑われちゃうけど、
ゲームは自分にとって古い親友みたいなもんだから、どうやっても切り離せないんだよなぁ。

中学校以来の友人にどうしたらいい?と訊いたら、

『○○○はハジケが足りなすぎ。もっと下ネタとかバカな話をしたほうがいいよ。
あと恋愛するとゲーム依存症なんか直るよ。これホンマの話だよ。
どっちが先に結婚できるか競争しようぜ!』

と言われた。

要するに、他に拠り所を持てってことか~。

真面目すぎるとドツボにはまるっていうのも、なんとなく分かる。
若い頃はいろいろ触れる機会があるけど、歳取ると生活スタイルが固定化されちゃうし。
人間、興味ないことには目を向けないことが多いから、なおさら狭い世界から出られなくなってしまう。

まずは今の仕事をどうにかこなさないと。
大人ってホント面倒なことばっかりだけど、めんどくせーと思ってもひとまず興味を持つことが肝心かなー。
そこから少しずつ世界が広がるし、考え方が変わってくるんだろうか。
そうすれば、いつかは面倒なことなんかなくなって、人生ってなんて楽しいことに満ち溢れてるんだろう・・
って思える日が来るのかもしれない。

でも、行動しないといつまでたっても、いや死ぬまで『かもしれない』で終わっちゃう。。

『もし、今日が人生最後の日だったとしたら、君は満足できるか?』

最近話題になったある有名な人の問いかけです。

自分がやれることを全力でやろうーっていう気にさせられるから好きなんだよね。


SEGA先生。。
俺は・・周回が・・やりたいですッ!!!!(結局そうなるw

未来の自分に贈る言葉。

GW明けから本格的に仕事に出ることになりました。
プログラマー、未経験、契約社員(正社員は半年後)、請負の仕事(派遣みたいなもの)、内容次第では途中でクビになる危険性有り・・
と、安泰とは言えない状況だけど、まともに社員として働くのは初めてです。

やるからには後悔したくないので、集中してやります!
しかし人間は完璧な生き物じゃないから、気合だけじゃ乗り切れないこともあるでしょう。
道に迷ったときに道しるべを見失わないように、この記事を書きます。


道標1:今日を大切に生きよう。

人生は、「今日」の積み重ねです。「今日」の積み重ねが、未来を作ります。
やるべきことを「明日」に先送りすることは、人生を1日ストップさせる行為です。
人生は一方通行です。今見ている「今日」は一度しか訪れません。
前に進むために、「今日」を大切に生きましょう。


道標2:動こう。

まずは動きましょう。
人間は怠ける生き物です。動かなければ必ずさぼります。
苦しいときは即刻、行動しましょう。動かなければ現実逃避に繋がります。
時間は止まってくれません。前に進むためには動くしか道はありません。
人生は、動いた者勝ちです。


道標3:準備しよう。

動くさいに必須となることが「準備」です。
何も考えずがむしゃらに行動することは、特に仕事においては危険です。
自分の行動をなるべく客観視するクセをつけましょう。
これは訓練しないと身につきません。


道標4:できる自分をイメージしよう。

準備もしっかり整えました。もう一つ忘れてはいけないことがあります。「自信」です。
自信が出ないときはどうすればいいのでしょうか。
簡単です。自分の脳に「自信がある」と思い込ませればいいのです。
思い込ませるわけだから、自信があるための根拠は必要ありません。
常に自分の理想像を思い描いておきましょう。


道標5:視野を広げよう。

常に、心に余裕を持ちましょう。
自分とは別の場所で、沢山の人が動いています。
色々な世界があって、色々な立場があって、色々な視点があります。
沢山の人から、沢山のことを学んでください。
現状に縛られて、呑まれないように注意してください。


道標まとめ:人生は川のごとし

↑の1~5は、今まで自分が感じた事や思った事や聞いたことを基にして書きました。
勢いで書いたので、だいぶテキトーです(笑
これが正しいというわけじゃないし、ロクな人生を送ってきてるわけでもないから説得性は無いです。
それでも未来の自分のために、進むための方向性を示したかったんだよね。
ホント適当ーな性格なので、目印がないとどこ行っちゃうかわからないんで・・

ところで、人生は川みたいなもんじゃないかと思ってます。
時には緩やかにまったりと流れたり、時には激流で一気に流れたり。
川に流されてると、自分の意思で流れを変えたりするのは難しいですよね。(経験ないからなんともw)
生き方も、そう簡単に変わるものじゃない。特に歳を取ってくるとそうじゃないかな。

だから、ほんとに気づかない変化から始まって、時間をかけて少しずつ少しずつ大きくしていく。
この「少しずつ」がまさに今日。今日の積み重ねなんだよね~。
逆に今日をだらだらと過ごすと、流れが少し元に戻り、それをずーっと繰り返せば・・
抜け出せないくらいのどつぼにハマってしまうわけですね。
そうやっている間も、川はどんどん下ります。人生は待ってはくれません。

仕事も、遊びも、PSOも。今日、やろう!
プロフィール

カリブー

Author:カリブー
カリブーと申しますー。

2007年~2010年までPSOBBをプレイしていました。
2011年はPSUをプレイしていました。
2012年はPSO2をプレイしていましたが、現在プレイを休止中です。
2013/1/13 PSO2復帰しましたー。

2013/4/28 再びPSO2休止しましたorz


start:2007/12/16

PSO2 使用キャラ
birdtop.jpg
名前:バード
キャスト/男
ファイター41/ハンター43
sarellitetop.jpg
名前:サテライト
ニューマン/女
フォース47/テクター28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
FC2カウンター
PSO2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる