もう後がない

お久しぶりです~。

PSO2休止からはや1か月半ですねー。
1日も早く復帰したい衝動を抑えるのに苦労している毎日です。

でも以前書いたように、しばらくはゲームをがっつりプレイする事はなさそう。
社会人になって1年が経ちますが、こう『大人な社会人の人たち』と日々接しているうちに、
自分の将来についての不安が大きくなってきちゃったんだ^^;

自分はプログラマーという仕事をやってるんだけど、
ネット上ではプログラマーの『35歳定年説』なんて言葉をよく見かけます。
35歳で定年なんてスポーツ選手でもなければありえない話なのですが、
『プログラマーとして食っていけるのは30代前半まで。それ以上はもっと上を目指さないと割に合わない』
という意味らしい。

うちの会社に限った話なのか業界共通の話なのかわかりませんが、
30歳前半で会社を辞めていく人がすごく多いんです。
はじめは『残業も多いしストレス貯まるし大変だからな~』くらいにしか考えてなかったけど、
1年経った今では、ちょっと見方が変わってきました。

自分はまだ若いので(社会人的な意味で)、それほど期待もされてないため、
そこそこ頑張ってればそこそこ褒められて、そこそこ順調に評価されていきますが、
30歳を過ぎれば周りの見る目も変わり、求められるレベルも高まるんだと思います。
で、本人の目指してる事と会社の求める事がかけ離れてきて『こんなはずじゃなかった』⇒辞める

このパターンが多いんじゃないかと(勝手に)想像してます。
もちろん、『俺は仕事ができるからもっと上の会社に転職するぜ』っていう人も多いだろうけど、
どちらにしても確かなことは、30歳で周りの目がガラッと変わるという事ですね~。

20代のうちは『まだ若いから・・・』という目で見てくれてます。
その間にどれだけ他の人に差をつけられるか。
自分だけにしかできない武器を身につけられるか。
それ次第で今後の人生が大きく変わる・・・という事は容易に想像できます。

自分はどちらかというと、というかかなり自己中心的なところがあって、
『できれば自分の生き方は自分で決めたい。他人や会社の意向に流されたくない』
という願望があります。

でも現代社会においてそれは難しい・・・
自分のワガママを押し通すための力がないととても無理。
だから力が欲しいです。そして残念な事に、今までゲームで得てきたものは力にならない(笑

大学受験で失敗したときは、『大学で頑張れば何とかなるだろう』で済みました。
就職で失敗したときも、『まだ若いから何とかなるだろう』で済みました。

今度は後がありません。
30過ぎになって『やっぱりあの時頑張ってれば・・・』と嘆いても、もう全てが手遅れ。
そんな後悔はしないように、1日1日を大切にしていきたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

カリブー

Author:カリブー
カリブーと申しますー。

2007年~2010年までPSOBBをプレイしていました。
2011年はPSUをプレイしていました。
2012年はPSO2をプレイしていましたが、現在プレイを休止中です。
2013/1/13 PSO2復帰しましたー。

2013/4/28 再びPSO2休止しましたorz


start:2007/12/16

PSO2 使用キャラ
birdtop.jpg
名前:バード
キャスト/男
ファイター41/ハンター43
sarellitetop.jpg
名前:サテライト
ニューマン/女
フォース47/テクター28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
FC2カウンター
PSO2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる