スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴシック冒険記:第五話 恐怖の後列攻撃

この記事は「エルミナージュ・ゴシック」のネタバレを含むので、閲覧の際はご注意ください。


まさかの1日3回更新。
おそらく、自分のブログ生活の中でも前代未聞の出来事です。
というか、平日更新できない分を休日に吐き出してるっていう感じだな~。
こういう無茶は長くは続かないだろうから・・やっぱし毎日更新に憧れますw

これからはPSO2のシーズンに入りますが、このエルミナージュ冒険記も最後まで更新していく予定です。
まあ、適当にの~んびりとやっていきましょう。オフゲーは時間に追われないのがいい所だね。
王様直々の命により、坑道の調査に向かうバード一行。

バード『なあ、王様からもらった報酬はどうするんだ?』

サテライト『いざと言うときの治療費に充てる予定ですよ』

カナリヤ『いつ死んでもいいように準備しておくのは常識だからね』

バード『なんか生命保険みたいで嫌だな・・』


~デザポーリア坑道~

坑道の入り口地点に立った6人。
目の前には巨大な扉が見える。奥から漏れ出した空気がピリピリと伝わってくる。
禍々しい、じめじめとした感じの空気だ。こりゃまずい所に来ちゃったかもしれない・・
しかし6人は意を決して扉を開ける。

・・開かない。押しても引いても回しても開かない。
体当たりしても攻撃魔法しても開錠ツール使っても駄目だ。

と突然、後ろから声を掛けられた。
ビックリしている6人に彼は苦笑いしながら、

・扉を開けるためには鍵が必要。
・鍵を管理している老人がいたが、脱走してしまった。今は鍾乳洞に居る。

と言って、鍾乳洞の場所まで教えてくれた。
なんだ、そういうことなら言ってくれればよかったのに。
王様も人が悪いな・・ひとまずは親切に教えてくれた彼にお礼を言って、坑道を後にした。

~グアテラ鍾乳洞~

鍾乳洞に到着した。
ひんやりとした空気が満ちている。どこかで水脈の流れる音がする。
デザポーリア坑道のような禍々しい空気は感じられない。
なるほど、ここなら人が住めそうな気もする・・

しばらく進むと、開けた場所に人が立っている。
なにやら入念に壁を調べているようだ。そして、必死の形相で壁を蹴り上げている。
話しかけると、

『ここは天然の鍾乳洞だから、隠されたドアがあるかもしれないぜ。そしたらよ、こうやって蹴ってみろぃ!(ドスッ』

彼はシークレットドアという仕掛けのことを教えてくれた。
つまり、見かけは単なる壁なんだけどよく調べるとドアが隠されているというわけ。
スノーグースがエローマ(ダンジョンを照らして仕掛けを発見しやすくする僧侶魔法)を使用する。
それほど強い敵とは遭遇していないし、隠されたドアの探索に専念することにしよう。

・・・
・・・
・・・・・・

ドアは思いのほか早く見つかった。

カナリヤ『ふふふ・・見つけたわ。ここ、ドアの匂いがする』

バード『おいおい、こりゃどう見ても壁だぜ・・て言うかドアの匂いってなんだ?』

博士『ワシらには分からなくて当然じゃ。盗賊特有の嗅覚がないとな』

バード『よ、よし、信じるぞ!』


バードが思いきり壁を蹴り上げた。
まるで壁がおじぎでもするように、へこんだ。
もう一度蹴ると、次の瞬間には壁はなくなってしまった。
この空間が人工的に作られたものだったことがはっきりと分かる。

先の部屋。人が丸まっている。
死んではいない。怯えているようだ。この人が坑道で聞いた老人に違いないだろう。

危害を加えるつもりはないと説明すると、彼は

erumi19.jpg

・坑道で何かやばい儀式?のようなものが行われていたので、逃げてきた。
・あの坑道には行くな!でも王様の命令なら嫌とは言えないが・・
・ただ条件がある。腹が減ってるからうまいもんを持ってきてくれ。

と話してくれた。
そして、彼の言ううまいもんはヤプ・ゴトス大樹というダンジョンにあるらしい。
だんだん本題から外れてきている気がしないでもないが・・
まずは彼のためにおいしい食べ物を調達してくる必要がありそうだ。

~ヤプ・ゴトス大樹 1F~


erumi20.jpg


巨大な樹の幹に沿って張り巡らされた迷路。それがヤプ・ゴトス大樹。
4つ目のダンジョンという事もあってか、さすがに敵が強くなってくる・・


erumi21.jpg


1Fでの恐怖・アロブ。
弓矢攻撃で後列を狙ってくる上に、速攻持ち。(必ずターン最初に行動できる)
おまけに5体セットで出てくることがほとんどなので、まともに戦うととんでもないことに。
カナリヤ・サテライト・博士がバタバタと戦闘不能にされてしまう。

この段階ではまだ蘇生呪文もないから、誰かが死んだらすぐに町に戻るしかなくなる。
寺院で高い金を払ってやっと蘇生しても、また誰かがやられる。。
また、この辺り(LV7くらい)からLVアップがいきなり遠くなるのでさらに辛い。

※潜っては倒され、潜っては倒され・・と繰り返しているうちに、プレイ時間が10時間を突破してました。
分かってたことだけど、やっぱしダンジョンRPGは難しいw
この時点で、バードとサンジェスはいまだにスピア(店売り武器)を担いでるという頼りなさw
10時間経っても初期装備から抜け出せないRPGは初めてかもしれない・・この先どーなるのかかなり不安です。


それでも一歩ずつ未踏の地を進み、いよいよ1Fも抜けようかという所で、瀕死の妖精と出合う。

erumi22.jpg

スノーグースが急いで治療を始めるが・・だめだ、もう助かりそうにない。
それでも彼女は最期の力を振り絞って、6人にこの地で起きている異常を話してくれた。
どうやらここの魔物が凶暴なのは、この樹を守護する母なる大樹が暴れているせいだとという。
彼女たちのためにも、この奥に進んで調査を進めなくてはならないだろう。
そうすれば、鍾乳洞に居るおじいさんの「うまいもん」も見つかるに違いないだろうし。


~ヤプ・ゴトス大樹 2F~

とはいえ、ここの敵は強くて手に負えない。
正直、今のレベルでは探索どころじゃないぞ・・そこで博士の錬金アイテムを使用することにした。
ハトの呼鈴と呼ばれるアイテムで、これを使えばその階の固定エンカウントの敵を消すことができる。
これでほとんど敵襲がなくなるので、探索に専念することができるだろう。
2Fの探索はあっさり終了した。すぐに行き止まりに突き当たってしまって、先に進めなかったのだ。
この階には何もないんだろうか?とりあえず、1Fに戻ってみることにした。

~ヤプ・ゴトス大樹 B1F~

とりあえず、1Fに戻ってマップの未踏地帯を埋めていこう。
すると、すぐにB1Fへの下り階段が見つかる。
早速降りていく一行であったが・・

バード『ここまで来ちゃったが・・もしかしていいお宝にありつけるかもしれないし、思い切って戦ってみるか?』

サン『やめておこう』

カナリヤ『面白そうじゃない』

スノーグース『ここで誰か倒れたら 帰りの魔物にやられる・・』

サテライト『うーん、皆さんにお任せします』

博士『もし全滅したときのリスクを考えてみい。救助する者も居なければ金もないぞ?』

バード『宝は惜しいけどやめとくか・・欲張るとマジでやばそうだからな』



B1Fもハトの呼鈴を使って、安全に探索することに決まった。
ときどきランダムエンカウントの敵と遭遇するが、博士のマハマハ(必ず退却できる錬金呪文)で即座に逃げる。
「1ターンくらい様子見して・・」なんて悠長にしていると危ないのがこのゲームの怖さ。
今は先への道を見つけることに専念しよう。

探索は長時間に及んだ。1日が経過し、2日、一旦町に帰って3日・・
おかしいな。何も見つからないぞ。回れる場所はほとんど回ったはずなのに。
仕掛けを見落としているのかもしれない。
スノーグースがエローマを唱え、ダンジョンを明かりで照らす。
あとは、怪しそうな場所を手当たり次第調査してみるしかないだろう。

怪しそうな場所と言ったら、まず思いつくのは「なにもない小部屋」。
小部屋をしらみつぶしに探す一行。なにも見つからない。

カナリヤ『ふーん・・ほんとに何もないように見えるわね。でもこの部屋、明らかに他とは違う』

erumi23.jpg

言われて、他の5人も壁をじいっと見つめる。
確かに・・人の手が入っているような、微妙な違和感を感じる。
しかし、言われてみなければ絶対に気づけないような、些細な違いだ。
それは盗賊技能を持つ者だけがキャッチできる、わずかな違和感なのだ。

カナリヤ『ほら、スイッチよ!』

erumi24.jpg

左のほうの▽が現在位置。
この位置にスイッチが隠されていた。
スイッチを押すと、右のほうの紫色の扉が解放され、その先には下への階段が待っていた。
一行はおそるおそる、奥へと踏み出していく・・


(ヤプ・ゴトス大樹、後編に続きます)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カリブー

Author:カリブー
カリブーと申しますー。

2007年~2010年までPSOBBをプレイしていました。
2011年はPSUをプレイしていました。
2012年はPSO2をプレイしていましたが、現在プレイを休止中です。
2013/1/13 PSO2復帰しましたー。

2013/4/28 再びPSO2休止しましたorz


start:2007/12/16

PSO2 使用キャラ
birdtop.jpg
名前:バード
キャスト/男
ファイター41/ハンター43
sarellitetop.jpg
名前:サテライト
ニューマン/女
フォース47/テクター28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
FC2カウンター
PSO2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。