スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴシック冒険記:第八話 じわじわと歩を進める

この記事は「エルミナージュ・ゴシック」のネタバレを含むので、閲覧の際はご注意ください。

ブログで『忙しい!』って書くのはあんまり好きじゃないんだけど、仕事が忙しすぎ!
朝から夜中までひたすら作業。
終業23:00過ぎ、帰宅して何もせずに布団に潜り込んでも1:30とか。起きるのは7:00前。
食生活の乱れがハンパないです。昼→ラーメン屋、夜→カップラーメンな毎日。
ただ、疲れたときって無性にラーメンが食べたくなるからやめられないw

そして今日からは3連休。
やっと訪れた平和です。時間の大切さというものが身にしみて分かってきました(汗

PSO2のほうも久しぶりにインして楽しむ予定です!



~イシュマグ城~

ELM-G_120602_085232.png


王様にこれまでの経緯を報告するバード達。

地下坑道の異変、ヤプ・ゴトス大樹で戦った凶悪な魔物、そしてイグドラ村の神父の最期を看取ったこと・・

事態を重く見た王は、6人に対し直々にイグドラ教会地下の探索を依頼する。

頼まれては断る理由もないので、引き受ける事になったのだが・・

HAKASE『さて、困ったのう』

カナリヤ『今までのアタシ達のやられっぷりから考えて・・』

SNOW『地下教会に行っても 全滅するのがオチだ・・』

サテライト『それなら、どこかで修行しませんか?』

物語も佳境に差し掛かり、この辺りから行けるダンジョンの選択肢が増えてきます。
ストーリーを追って行くなら地下教会だけど、敵が強すぎてムリでした^^;
苦戦の理由はHPが低くてすぐに誰かがやられちゃうこと、そして武器の貧弱さです。
しかもこのゲーム、死亡すると蘇生料金が高い高い!
潜るたびに誰かが死ぬから、ろくに金も貯められない状態。
ここらでパーティーの戦力を底上げしないと詰みかねません。割りとマジで。。


~デグス・ギラ氷窟~

ELM-G_120602_085714.png


バード『てなわけで、デグス・ギラ氷窟に到着~!さあ・・暴れるぜぇ、みんな!!!!』

5人『オウ!!!!!!』



~5分後~


ELM-G_120602_090538.png


SNOW『どうしてこうなった・・』

またか、と言われそうだけど、敵が強い!
デグス・ギラ氷窟は、雪と氷に包まれた天然の自然洞窟だ。
氷属性の魔物にとっては格好の住処となっており、
各種氷属性呪文やブレス攻撃が吹き荒れる危険地帯となっている。

危険な敵は以下のとおり。っていうかほとんど全員だ。

フロストジャイアント(最大で100ダメージ超えの氷のブレスを吐く)
エンペラーバード(ラグラス(敵一列に氷属性ダメージ)を打ってくる。)
雪女(氷のブレスとラロイド(敵一列を麻痺させる錬金呪文)持ち)
スノーマン(氷のブレス持ち)
ウィッチ(アルゲイズ(ポケモンでいう『じわれ』。しかも全体攻撃)とジアカラ(敵一体に雷属性ダメージ))

後列をやすやすと狙ってくる攻撃が多いので、
後ろの仲間がこれらの攻撃を受けると、だいたい1発で誰かが倒される。

せめてもの対策として、後列3人(カナリヤ、サテライト、HAKASE)には『氷の魔印』を持たせる。
この装備は氷属性魔法の威力と耐性をアップさせる装飾品で、氷属性の攻撃に対して15%の耐性がつく。
これだけだと雀の涙ほどにしかならないけど、HAKASEの錬金を用いることで耐性をアップさせられる。

装備品に特殊な鉱石を掛け合わせることで、そのアイテムが持つ力を増幅させることができるのだ。

氷の魔印の耐性を50%くらいまで引き上げることで、氷属性に対してかなりの耐久力を持たせる事ができた。

ELM-G_120606_082359.png

それでも敵の攻撃が激しすぎて苦戦するのは変わらない。
一戦一戦が全滅と隣り合わせ。少しでも危険を感じたら、即逃げて体勢を立て直す。
ノーリセットプレイにおいては、わずかな無茶が命取りになってしまうのでとにかく慎重に行く。
ダンジョンに潜って最初の戦闘でPTが崩壊して町に帰還・・なんてこともあるが我慢するしかない。

人によってはこの辺でイヤになって投げちゃうかな。
このゲーム、ほんとに味方がすぐ死にます。命は消耗品なのかと錯覚させられるくらいw
コツコツとLV・装備品を整えるにも理不尽じみた戦いを強いられるので、そこを乗り切るまでがキツイ。


そんな苦しい戦いを続ける6人に、ようやく希望が舞い降りた!!

ELM-G_120605_204853.png


バード『鑑定量8500G!!これってさ、あれだよな・・』

カナリヤ『お宝よ・・お宝に決まってるじゃない!!』


ELM-G_120605_204935.png

待望の強力アイテム・第一号。その名も・・

魔魂の槍!
少し呪われてそうで怖い名前だが、悪魔殺しの武器である。
ランスの強化版といった性能で、命中精度とダメージが向上。さらに悪魔系の敵に1.5倍のダメージ。
ミスが出づらくなったのがとても大きく、与ダメージが飛躍的に上がっている。
さらにこの武器、道具として使用するとエルナム(単体に光属性ダメージを与える僧侶魔法。50~100超えのダメージ)が発動するのがすばらしい。
(もっとも、この時点では道具として使用できることには気づいてませんでしたが・・)

そこからはお宝がざくざく出てくるようになる。
さすがに敵が強いだけのことはあって、相応の見返りが用意されていたのだ。
強力アイテムが出ると分かると、強力な敵が相手でもなんとか倒してやろうと思えるもの。

ようやくダンジョンRPGらしくなってきて、折れかけていた心に希望の光が灯ってきました。

以下は今回のめぼしい戦利品の一覧。

東雲御剣
バード待望の刀武器。
威力は控えめだが命中精度は格段に上がっているので、この時点では充分強力な一振り。

ELM-G_120606_090705.png

イノセントマント
未転職の者だけが装備できる、シリーズおなじみの超優秀装飾品。
各種呪文耐性が40%もあるので、終盤まで主力として使える。

イノセントシールド
未転職の者だけが装備できる、シリーズおなじみの優秀盾。
盗賊や僧侶も持てるのがうれしい。
呪文耐性、属性防御、状態異常に対する耐性を一通り備えている。

氷の魔印+1
上記の氷の魔印の強化版。

ホーリーレギンス
暗黒耐性が50%もある足防具。

バードたちのLVも少しずつ上がって、ようやくLV13を超えるくらいまで成長できた。

LV13以降というのが大きな分かれ目で、このレベルに達すると魔術師のサテライトが、
ティオメンテ(マップ内の一度行ったことのあるマスに瞬間移動する)を覚える。
これで、ダンジョンの奥深くから入り口まで一気に脱出することが可能になる。
僧侶のSNOWもリゼフェス(蘇生呪文。ザオラル)やフィリード(回復呪文。ベホマ)を覚え、
自前で戦闘不能を回復することができるようになり、冒険が一気に楽になった。

それでも油断してると・・

ELM-G_120606_084105.png


あっという間に全滅の危機がやってくる。

ただ戦いが少しずつ、少しずつ楽になってきているのも事実だ。
ダンジョンに潜る。慎重に、注意深くマップを埋める。経験値が貯まり、レアアイテムを得る。
毎日のように潜る。全滅を避けるために、あらゆる工夫を凝らす。
ヤバイ敵は避け、楽な敵と戦って稼ぐ。前衛が後列の者を守り、即死を未然に防ぐ。
状態異常を駆使し、前列の敵を止めて後列から倒していく・・

6人はそれぞれ、つらく苦しい修行の末に確かな手ごたえを感じるようになってきていた。

バード『よ~し・・なんとか戦えるようになってきたな』

サン『まずは敵の組み合わせを見て、戦うかどうか判断するよ』

SNOW『危険な敵が 2種類以上居たら逃げる・・』

カナリヤ『ティオメンテの使えるサテライトと、マハマハ(逃走呪文)を使える博士さえ生き残れば全滅はないわ』

サテライト『SNOWさんが生きていれば蘇生呪文を使ってもらえるから、蘇生の費用もゼロですみます』

HAKASE『うむ。そろそろ地下教会に向かっても良いかも知れんな』


(つづく)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カリブー

Author:カリブー
カリブーと申しますー。

2007年~2010年までPSOBBをプレイしていました。
2011年はPSUをプレイしていました。
2012年はPSO2をプレイしていましたが、現在プレイを休止中です。
2013/1/13 PSO2復帰しましたー。

2013/4/28 再びPSO2休止しましたorz


start:2007/12/16

PSO2 使用キャラ
birdtop.jpg
名前:バード
キャスト/男
ファイター41/ハンター43
sarellitetop.jpg
名前:サテライト
ニューマン/女
フォース47/テクター28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
FC2カウンター
PSO2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。